金曜日, 12月 4
Shadow

AIエンジニアの仕事とは

AIは、かつては医療用や産業用ロボットなど特殊な分野でのみ使われていました。しかし最近はスマートフォンの音声認識システムやインターネットの通販サイトなど、身近なところでその技術が活用されるようになっています。
人工知能の開発に携わるエンジニアには、Pythonによるプログラミングや機械学習、データサイエンス、統計処理など、さまざまな領域の知識が必要です。

AIエンジニアの年収は平均650万円程度と高く、スキルと実績があれば年収1,000万円を目指すことも可能です。特に、IT関連について幅広い知識を持ち高い専門性を有している場合、高く評価され年収も上がります。
AIエンジニアの仕事に向いている人は、論理的思考ができ、新しいことに興味を抱き続けることができる人です。人工知能が機械学習を行ったり、データの分析処理を行ったりするためには、データの構造やアルゴリズム、コンピューターアーキテクチャなどの論理的思考が必要です。
また、人工知能業界の動向は速いスピードで移り変わっているため、毎日のようにその動向をチェックし自分のスキルを磨き続ける必要があります。

人工知能エンジニアに特化した資格はまだありません。人工知能で採用されるディープラーニングついての資格は存在しますが、認知度はまだまだ低いのが現状です。
そのため、人工知能エンジニアは、資格を取るよりもデータサイエンスの基礎知識を深め、実務経験を通してスキルを高めることが求められます。もし資格にこだわりたい場合は、一般的なITエンジニア系資格を取得すると良いです。