日曜日, 9月 25
Shadow

AIを導入するメリットとデメリット

AIは、人間の知能を人工的に再現した技術です。自ら学習する能力が備わっているため、人間に近い判断が可能と言われています。
近年では様々な分野でAIの活用が広がっていますが、AIの導入にあたってはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

まずメリットとして挙げられるのは、生産性が向上する点です。AIの導入により、これまで人が行ってきたことを機械に任せることができます。人が行うより機械の方がスピーディーかつ正確なケースが多いため、生産性が向上するでしょう。
また、危険が伴うような作業をAIで代替すれば、安全性も高まります。例えば「きつい」「汚い」「危険」の3Kに当てはまる仕事などをAIに任せれば負担が減り、従業員に他の作業を振り分けることも可能です。手がかからないということは、当然人件費も削減できます。

しかし、人件費の削減はデメリットであるでしょう。必然的に雇用者数が減るため、AIに仕事を奪われるケースも発生するかもしれません。AIに詳しくない人が扱うことで、情報漏洩などのリスクが発生する可能性もあります。
さらに、AIの判断については責任の所在が定まっておらず、AIで問題が発生した際は根拠のない責任を負わされることも考えられるでしょう。
ただこうした問題は、AIを扱えるスペスシャリストを育成したり、活用したりすることである程度解決できます。企業側も業務でAIの機能を最大限発揮でき、かつ新たな雇用促進にもつながるでしょう。デメリットを発生させないための対策をしっかり講じれば、AIはさらなる利便性をもたらすはずです。