金曜日, 10月 23
Shadow

意識するべき人工知能の特性

AI化を進めるには、人工知能の特性を意識したシステム構築が必要です。
人間の脳を模倣したニューラルネットワークに対し、覚えさせたい内容をディープラーニングさせ、人間と同様な働きを求めるのがAI化の目的になります。人工ニューロンにより構成された、3層構造のニューラルネットワークに学習させるには、正解のあるデータを複数回に亘って学習させることが必要です。

企業でAIを活用ぅる場合、どの部分を人工知能に代替えするかを決めなくてはなりません。
社内業務の人工知能化を進める際の課題として、AIで仕事を置き換えられた人の雇用の問題があげられます。ディープラーニングを進めるには業務に熟練した担当者の協力が必要ですが、人工知能が仕事を覚えた段階で、教育者の雇用が脅かされてしまうという問題です。
AIを活用することによって会社の業務のパフォーマンスを大きく向上することは可能ですが、同時に社員のモチベーションの低下を招く恐れがあるのです。

人工知能は、基本的に学習したことしか行えません。AIには人間のようなモラルや法律への意識はないため、法的な側面や社会規範を学習させずに活用する人工知能は、大きな事故を起こす可能性もあります。そのため企業で人工知能を活用するのなら、ニューラルネットワークに教育するデータを作成する際、法的な側面やモラルを意識して行っていく必要があります。
大きな利便性をもらたす人工知能ですが、実用にあたっては様々な問題も抱えていることを忘れてはなりません。