土曜日, 9月 19
Shadow

いくつかのタイプがあるAI関連の職種

AI関連の職種には、いくつかのタイプがあります。人工知能の普及と発展に伴い、仕事が細分化し始めています。

例えばAIを開発するプログラマーは、分かりやすい人工知能関連の職種です。直接AIプログラムの開発に携わる職種であり、優れた能力と先見性を持っていなければなりません。また創造性やプログラミングに関する最新鋭の知識と技術を学んでおかなければ続けられない、第一線の仕事でもあります。
日常業務は文字通りAIプログラムの開発であり、ゼロの状態から実用性の高い人工知能搭載のパソコンソフトやインフラ向けのシステム、スマートフォン向けのアプリ制作などを行います。場合によってはベースが既に出来上がっている人工知能をアレンジし、オリジナリティが高い物に昇華させるという業務もあります。

次のAI関連の仕事ですが、人工知能に膨大な量のデータをインプットさせる職種です。
AIは卓越した計算能力と判断能力を持っていますが、それを駆使するためには、論理的な思考に必要な膨大な量のデータが必要不可欠です。むやみやたらに情報をインプットすれば良いという事ではありません。最適な判断が導き出せるよう、インプットさせる側が予め精度の高いデータを厳選した上で入力作業をしなければなりません。
その職種のスペシャリストにはデータを厳選する鑑定スキル、そしてAIが実際にどのように計算処理を行うのか、人工知能に対する深い知識と運用経験が要求されます。