金曜日, 10月 23
Shadow

AIの略称と2種類の人工知能

AIとはArtificial Intelligenceの略称で、人工知能のことを指します。
その人工知能は、主に2種類に分類されます。1つが特化型人工知能であり、もう1つが汎用人工知能です。

特化型人工知能は分かりやすく言えば、1つのことに特化した人工知能だと言えます。具体的な例で挙げるとすれば、画像認識や音声認識といったものが特化型人工知能に含まれます。
また開発が進められている自動運転車に必要な自動運転技術も、特化型人工知能の1つになります。建設業では、画像の認識や解析の分野で特化型人工知能を導入しているところもあります。
特化型人工知能は1つのことしかできませんが、内容によっては人間が作業を行うよりも素早いスピードで作業をこなしていくことが考えられます。そのため、特化型人工知能を導入する企業は増えていくことが想定されます。

汎用人工知能は自己思考が可能なAIです。自分で考える能力を持っているため、人のような振る舞いをするというイメージを持つ人もいるかもしれません。
汎用人工知能の能力が高まれば、自分で考える内容も深いものになっていきます。そのため汎用人工知能の開発が進んでいけば、人間を超える人工知能が生まれる可能性も考えられます。
人間を超えた人工知能が、さらに知能の高い人工知能を生み出す可能性もあります。そうなれば人間の生活が大きく変わることも考えられるでしょう。
汎用人工知能は人間的な思考を持つAIではないかと考えられているため、将来的には人間の性格に応じた対応が取れる可能性もあります。